開業・支店開設なら…レンタルオフィスNavi【大阪版】 » 【特集】需要が高まるバーチャルオフィスとは

【特集】需要が高まるバーチャルオフィスとは

近年需要が高まっているバーチャルオフィスの魅力を、費用面・立地面・作業効率面という3つの面からそれぞれ解説しています。

バーチャルオフィスとは

バーチャルオフィスとは、事務所を所有しなくても事業を行える機能を提供してくれる、オフィス関連サービス。会社設立の際に役立つサービスは、公開する(登記する)住所電話番号の貸し出し、郵便物の受け取り電話代行です。

個人で起業を考えている人やいままで自宅で始めていた人がステップアップしようとした時に、まず思い浮かぶのがオフィス(事務所)。

ただ、オフィスを構えるには立地や価格を調べ、決定するにもかなりの時間を要します。その後も、電話回線・インターネット環境の設置や、デスク・椅子などの備品の手配等、開業するまでに行なう準備は山ほどあり、なかなか業務に取り掛かれないのが現状です。

「人を雇うには早すぎるけれど、会社の顔である電話対応はおざなりにできない。」

「起業当初は無駄なコストはなるべく抑えたいが、オフィスはどうしても必要。」

「さてどうしよう…。」

そのような状況にぴったりなのがバーチャルオフィスです。住所や専用の電話番号が確保できますし、ネット環境も整っているのでPC1台と書類があれば、すぐにでも事業を開始できるのです。

個人事業主なら、レンタルオフィス(ブース・個室)よりもお得なプランと言えます。

バーチャルオフィスだと知られたら…

自宅住所をオープンにすることなく、対外的な所在地として公開できるバーチャルオフィス。取引先や顧客、金融機関などに、バーチャルオフィスだと知られてしまうとどんな影響があるのか、まとめています。

バーチャルオフィスってばれるの?

バーチャルオフィス利用時の税金は?

対外的な事務所の所在地として、バーチャルオフィスを利用する際、税金が必要なのか、納税地はどこになるのか、利用料が経費になるか、などを説明しています。

バーチャルオフィスの開設に税金は必要か

バーチャルオフィスのメリット・デメリットは?

起業する際にバーチャルオフィスを利用するメリット・デメリットについて、まとめて説明しています。

バーチャルオフィスのメリット・デメリット

バーチャルオフィスはどう選ぶ?

数多くあるバーチャルオフィスをどう選ぶか、失敗しやすい考え方やバーチャルオフィスを選ぶポイントを紹介しています。

バーチャルオフィスの選び方

バーチャルオフィスの法人登記は?

ビジネスの際、登記されているかどうかでその相手の信頼性を測るというケースが、ままあります。その際、ビジネスの中心地を所在地として記載している企業は、それだけの費用を賄える企業、というように見られるのです。

バーチャルオフィスを利用するメリットのひとつとして、一等地の所在地を使える点を改めて説明します。

大阪府内の一等地で設立できる

バーチャルオフィスで利用できるサービスは?

バーチャルオフィスは基本的には所在地(住所)貸しや電話番号の貸与がメインのサービス。ですが中にはその他のオプションサービスを用意している会社もあります。

事務代行などバーチャルオフィス利用時に活用できるサービスをまとめています。

用途にあわせて事務代行サービスも追加可能

バーチャルオフィスFAQ

バーチャルオフィスの利用にあたって、WEB上でよく目にする質問と回答をまとめました。

バーチャルオフィスFAQ