初期費用を安く抑えたい人必見!
大阪で探すレンタルオフィス完全ガイド

1位 レンタルオフィスCUBE

最低価格:月額17,000円

大阪の一等地「梅田」で登記OK!住居表記・社内看板・電話代行込み!

空室をチェック

2位 サーブコープ

最低価格:月額21,000円

世界中に拠点アリ!バイリンガル秘書によるサポートが心強い

空室をチェック

3位 オフィスポート大阪

最低価格:月額85,000円~

1部屋8坪以上!24時間出入り自由なのも嬉しい。

空室をチェック

レンタルオフィスNavi【大阪版】 » レンタルオフィスのサービス形態一覧【大阪版】 » シェアオフィス

シェアオフィス

公開日: |最終更新日時:

大阪にあるシェアオフィスとはどのようなものか、その特徴やサービスについて紹介しています。

シェアオフィスの特徴

シェアオフィスとは、1つのオフィスを複数の会社でシェアして利用するオフィス形態を指します。

この形態は以前から利用されてきた利用方法で、業種によってはすでに多く採り入れられている方法でもあります。

シェアオフィスのメリット

異業種同士で情報共有ができる

シェアオフィスは複数の業者が利用しているので、業種を超えた情報共有が可能です。

そういった情報共有が各業者の刺激となり、より密度の高い情報共有につなげられます。例えば取引をしている業種の悩みなどを共有してもらったとして、その解決方法を別の業種からシェアしてもらうといったこともできるでしょう。

共有スペースが利用できる

シェアオフィスのメリットとして挙げられるのが、共有スペースです。共有スペースはシェアオフィスを利用している人が自由に利用できるスペースで、通常の業務を行うスペースとは線を引いてコミュニケーションが取りやすいスペースがあります。

このスペースはシェアオフィスを利用する方であれば誰でも利用可能で、ミーティング以外にも講習を開催するといった利用方法をできるのです。

事務所として使用している場所以外を、費用を抑えつつ利用する方法として活用することもできます。

シェアオフィスのデメリット

プライバシーは完全には保たれない場合が多い

シェアオフィスは複数の会社が入居するスタイルのため、プライバシーが完全に保たれることが少ないといえるでしょう。

とくにコワーキングスペースであれば、ほかの利用者との間に壁が仕切られないため、プライバシーは保たれていないになるとも言えるでしょう。

利用者同士のコミュニケーションが多くなる

一見するとメリットにも見えますが、会話に熱くなりすぎて時間が立ちすぎてしまっていたという事もあり得ます。

こちらについては利用者次第ともいえますが、シェアオフィスという壁が極端に少ないスペースの中では雑談も生まれやすいといえるでしょう。

シェアオフィスの付帯サービス

シェアオフィスをレンタルする場合、そのプランによって料金は異なります。

シェアオフィスでは、月々の使用料を事務所のレンタルよりかなり格安に抑えられるだけでなく、割と気軽にレンタルすることができるという利点があります。シェアオフィスとバーチャルオフィスがセットになったプランを扱っているところもあるため、目的に合わせて選びましょう。

料金に含まれる付帯サービスは、登記可能な住所や郵便物の専用ロッカーなどの受け取りサービス、コピー機、電話秘書サービスや固定電話の発着信など。中には、WiFiが完備されているところもあるようです。有料の会議室などもありますので、会議やミーティング、展示会などに活用できるでしょう。

シェアオフィスの料金相場

シェアオフィスは、安いものからやや高額のものまで幅広いのが特徴。価格の違いは立地条件の他に、オフィスの自由度や広さ、専用デスクの有無などが関係しています。一般的に、サービス・施設が充実しているところほど金額は高めに設定されているようです。

大阪のビジネスエリア付近では初期費用を含め30,000円以下のオフィスが多く、相場は25,000~30,000円ほど。そのため、シェアオフィスを利用する際は、25,000円より少し高いくらいで見積もっておくと良いでしょう。

会社によっては月額費用とは別に共益費や清掃費を請求される場合もあるので、事前に調べておくことが大切です。時間貸しのところもあり、1時間あたり500円ほどで借りられるオフィスも存在します。

シェアオフィス利用例

付帯サービスが豊富なレンタルオフィス(シェアオフィス)を選ぶなら

レンタルオフィスCUBE

特徴

大阪駅前第4ビルと、大阪駅から徒歩圏内にあるレンタルオフィスCUBE。知名度の高いビルだけあって、地図にも表示され地下街には案内板も出ています。アクセスには困らないでしょう。オフィスの利用頻度が高い方は、スマートライトプランがおすすめ。月額22,000円(税込)から始められ、1年契約すると月額18,700円(税込)と割引価格で利用できます。

会社専用の電話番号や、FAX番号、来客時の受付、商談室といったビジネスを始めるうえで必要な環境を整えているのがポイント。秘書スタッフも常駐しているため、外出時の電話対応や受付も基本サービスに含まれているのが魅力です。他にも、起業時の税務・財務関係の手続き、自社ホームページ、広告など各専門業者を紹介することもできます。起業時にスタートダッシュできる環境を整えているといえるでしょう。

基本情報

費用(12ヶ月契約) 18,700円(税込)
付帯サービス(オプションは記載しない) 法人登記、専用電話番号、FAX(共用)
社名看板設置、電話代行(月受取回数50回)
郵便物・宅配物受取、来客時受付対応、会員料金で会議室利用(時間貸し)
※ホワイトボード(無料)
プロジェクター
スクリーン
テレビ会議システム
ISDN回線
ビデオ、DVD、テレビ、ノートPC、
固定IPアドレスの利用などの設備も付帯

アーバンオフィス

特徴

大阪を拠点として事業をスタートさせる方に必要な環境を整えています。大阪駅前第3ビルの25階にあるオフィスのため、アクセスに関しては問題ありません。デスク・チェア、インターネット、OA機器はもちろんリフレッシュルームも完備しています。25階から大阪の都心を眺められるところが多くの利用者から好評とのこと。

秘書サービスも基本プランに含まれてます。電話対応や転送、宅配便サービスなども行ってくれるでしょう。オプション料金が発生しますが、応接室や会議室も分単位で借りることができ、ドリンクサービスも行っています。来客時に対応できるようになっているのも魅了です。

基本情報

費用(12ヶ月契約) 26,400~41,800円(税込)
付帯サービス(オプションは記載しない) 受付、デスク・チェア、立て看板
インターネット、専用電話装置、リフレッシュコーナー
OA機器、受付応対、応対後転送
電話対応、宅配便サービス、受信物電話通知

サーブコープ

特徴

世界最高品質のサービス付きオフィスを提供し、利用者のビジネスを成功させたいというコンセプトがあります。世界各国にある都心のビジネス一等地に拠点をおいて展開しているのがポイント。国内では東京、大阪、名古屋といった都心部でサービスを提供しています。

会員制になりますが、月額5,000~100,000円と選ぶことができ、基本料金が上がるにつれて付帯サービスも追加になります。一番安いプランでも、デスク・チェア、会議室、ミーティングルーム、秘書サポート、インターネットが付いてきます。サーブコープ独自の、世界中のビジネスコミュニティへの参加権限も与えられるのが魅力です。ただし、OA機器類は月額25,000円からのプランから付いてきますので、しっかり認識して利用するようにしましょう。

基本情報

費用(12ヶ月契約) (税不明)
  • メンバーシップ5,000円
  • フリーデスク25,000円
  • 固定デスク40,000円
  • プライベートオフィス100,000円
付帯サービス(オプションは記載しない)
  • コワーキングラウンジ、役員会議室
  • ミーティングルーム
  • バイリンガル秘書による業務サポート
  • コワーキングラウンジ内でのセキュアWi-Fiが無料

利用者の声

関連ページ

開業・支店開設のレンタルオフィス紹介メディア EENON

レンタルオフィスのサービス形態一覧【大阪版】
個室貸し
時間貸し
コワーキングスペース
バーチャルオフィス
ブース貸し