初期費用を安く抑えたい人必見!
大阪で探すレンタルオフィス完全ガイド

1位 レンタルオフィスCUBE

最低価格:月額17,000円

大阪の一等地「梅田」で登記OK!住居表記・社内看板・電話代行込み!

空室をチェック

2位 サーブコープ

最低価格:月額21,000円

世界中に拠点アリ!バイリンガル秘書によるサポートが心強い

空室をチェック

3位 オフィスポート大阪

最低価格:月額85,000円~

1部屋8坪以上!24時間出入り自由なのも嬉しい。

空室をチェック

レンタルオフィスNavi【大阪版】 » レンタルオフィスのサービス形態一覧【大阪版】 » 個室貸し

個室貸し

大阪の個室貸切ができるレンタルオフィスのサービス内容やメリット、費用相場などについてまとめました。

個室貸しタイプの特徴

個室貸しタイプは天井まで完全に壁で仕切られているタイプを指します。個室ごとに専用のカギが準備されており、ほかの利用者とはスペースを分ける形で利用できます。賃貸で個人オフィスを借りることなく利用できる点が特徴です。

個室貸しタイプのメリット

完全に個室として利用できるので、周囲の利用者を気にすることなくスペースを利用できます。プライバシーを気にする方に向いているでしょう。

個室貸しタイプのレンタルオフィスはデスクやイス、ロッカーなどもスペース内に設置されているので、利用者とシェアすることなく利用できます。

また、多くのレンタルオフィスは事業所として登記できるところも多いので、個人事務所として利用したい人にも向いているでしょう。

個室貸しタイプのデメリット

レンタルオフィスによっては壁の造りが簡易的で、周囲の利用者の音が漏れてしまう恐れもあります。

オフィス内の空調の利用時間が決められている場合、長時間利用するのが困難な場合も。利用するレンタルオフィスを探す場合には注意が必要です。

レンタルオフィスを決めるときの注意点

個室貸しのレンタルオフィスを探す際の注意点として、オプションを必ず確認することが大事です。

デスクなど、業務を行う際に必要な家具もオプション料金となっている場合があるので、レンタルの契約をする際には必ず確認をしましょう。

空調は、各個室ごとに設置されているかどうかも確認が必要です。ビル全体で1つの空調を利用しているのではなく、個室ごとに空調が設置されているオフィスを選ぶようにすると、業務も快適に行えるでしょう。各フロア全体に対して1つの空調しかない場合、利用料も高額になる恐れがあります。

オフィスの中に長い時間を過ごすからこそ、注意すべき点をチェックしておきましょう。

個室貸しタイプの料金目安と付帯サービス

個室貸しタイプのオフィスのレンタル料金は、利用する人数やデスクの大きさによって変わってきます。

レンタル料金は月額70,000円からが基本。この料金に登録料や保証金などの料金が上乗せされるケースがほとんどなので、はじめてオフィスをレンタルする際には基本料金にプラスされる料金がどれくらいかかるのかをチェックしておくことをおすすめします。

一般的は数か月単位で、1年契約や6ヶ月契約など長期の利用となると割引料金が利用できる場合もあります。

個室の利用人数は1~10名程度と規模はさまざまで、人数が増えるごとに月額費用が割高になります。利用する人数も含めたうえで予算に合ったオフィスを探すのも良いでしょう。

5名程度が利用できる個室タイプのレンタルオフィスは、賃貸型のオフィスを利用する場合と比べて初期費用を抑えやすいというメリットがあります。坪単価で比較すると割高担ってしまいますが、事務所を開設する際に必要な設備や電話応対などのサービスを含む際の総額を考えると、コスト負担を大幅に抑えられます。

提供される付帯サービス

主なサービスはデスク、イスをはじめとするオフィスの設備にくわえ、電話回線やインターネットなどのインフラも整っているのが一般的で、レンタルして入室したらすぐに仕事が始められるような環境が整っています。

そのほかにもコピー複合機、什器等の設備を整えているところもあります。オフィスによっては会議室や応接室などの利用ができたり、秘書や電話応対、来客対応といった人的サービスなども提供している企業もあるので、どんなサービスがあるのかチェックしてみることをおすすめします。

個室貸し利用例

関連ページ

開業・支店開設のレンタルオフィス紹介メディア EENON

レンタルオフィスのサービス形態一覧【大阪版】
時間貸し
ブース貸し
シェアオフィス
コワーキングスペース
バーチャルオフィス