初期費用を安く抑えたい人必見!
大阪で探すレンタルオフィス完全ガイド

1位 レンタルオフィスCUBE

最低価格:月額17,000円

大阪の一等地「梅田」で登記OK!住居表記・社内看板・電話代行込み!

空室をチェック

2位 サーブコープ

最低価格:月額21,000円

世界中に拠点アリ!バイリンガル秘書によるサポートが心強い

空室をチェック

3位 オフィスポート大阪

最低価格:月額85,000円~

1部屋8坪以上!24時間出入り自由なのも嬉しい。

空室をチェック

レンタルオフィスNavi【大阪版】 » レンタルオフィスのサービス形態一覧【大阪版】 » コワーキングスペース

コワーキングスペース

レンタルオフィスの一つ、コワーキングスペースとは?その特徴とサービスについてまとめています。

コワーキングスペースの特徴

コワーキングスペースとは、個人や複数の会社が作業スペース、会議室、打ち合わせスペースなどとして共有するスペースのことです。

通常、オフィスを借りるとなると賃貸料はもちろんのこと、業務に必要な様々な機材や家具などを準備しなくてはいけないので、初期費用のハードルがかなり高くなってしまいます。この問題を解決できるのがコワーキングスペースなのです。

コワーキングスペースは共有スペースなので安価で利用できますし、仕事に必要なネット環境をはじめとするさまざまな機材も最初から揃っています。そのため、新しく業務を始めるためのハードルを下げることができるのです。コワーキングスペースは現在増加傾向にあり、大都市政策研究機構の調査研究レポートによれば、全国のコワーキングスペースの数は2019年6月8日時点で799施設。多くは東京、大阪といった大都市に集中していますが、地方でも増加しています。

参照元:大都市政策研究機構(https://imp.or.jp/2019/12/23/report-1/)

コワーキングスペースのメリット

初期費用が抑えられる

賃貸でオフィスを借りようとすると、月ごとの家賃はもちろんのこと、敷金や礼金などのほか設備や機材を揃えるためのかなりの額の初期費用が必要になります。そうなると、どうしても業務開始のハードルは高くなってしまいます。しかし、コワーキングスペースなら必要なのは基本的に毎回の利用料だけなので、初期費用を大幅に抑えることができ、素早く業務を開始することができます。

新しいビジネスチャンスが生まれる可能性がある

コワーキングスペースには、さまざまな職業の人々が作業をしています。そうした場所での交流から、新たなビジネスチャンスが生まれる可能性は十分にあるでしょう。特に業務を始めたてで実績や知名度がまだない場合や、業務内容的に直接人と関わる機会が少ない場合などは、この点が非常に大きなメリットになることがあります。

仕事に必要な設備、環境が整っている

仕事を始めるには、場所だけでなくさまざまな設備を導入して仕事ができる環境を整えなくてはいけません。しかし、それにも費用や時間がかかるので、業務を始めるための下準備がなかなか大変です。その点、コワーキングスペースならデスクや椅子、プリンター、Wi-Fiといった仕事に必要な機材や環境が最初から揃っているので、すぐに仕事を始められます。場所によっては会議室などにプロジェクターなどが備わっていることもあるので、いきなり大規模な会議やプレゼンを行うことも可能です。

長時間仕事に集中できる

設備と並んで、長時間仕事に集中できる環境を整えることも重要なポイントです。自宅だとオンオフの切り替えが難しかったり、カフェなどだとあまり長時間滞在すると迷惑になってしまうことがあります。しかし、コワーキングスペースなら利用料を支払えばそうしたことを気にせずに定められた時間だけ邪魔されずにきっちり仕事に集中できます。

会議・商談の場としても利用可能

コワーキングスペースは、仕事の場としてはもちろんのこと、会議や商談の場としても利用できます。モニターやホワイトボードなどの備品があるところだと、会議もスムーズに進みますし、備品を用意する手間も省けます。

コワーキングスペースのデメリット

場所によって設備に差がある

コワーキングスペースのメリットのひとつが、仕事や会議に必要なさまざまな備品や設備が用意されていることです。しかし、どのコワーキングスペースでも同じように備品や設備があるとは限りません。そのため、目的に合致した備品や設備があるかどうか事前に確認しておきましょう。

周囲の会話が気になる

コワーキングスペースでは、たくさんの人が作業をしています。大規模なコワーキングスペースでは、かなりの人数が同じスペースにいることになります。そのため、周囲の会話がどうしても気になってしまい、作業に集中できなくなってしまうこともあります。周りの会話が気になりやすい人にとっては、コワーキングスペースはかえって作業がはかどらなくなってしまうかも知れません。

情報漏えいのリスクがある

前述の通り、コワーキングスペースではたくさんの人が仕事をしています。そのため、会話の内容が漏れ聞こえたり、PC画面が見えてしまったりして情報漏えいが起こってしまうリスクもゼロではありません。そのため、機密情報などの秘匿性が高い情報をコワーキングスペースで取り扱うのは控えたほうがいいでしょう。

コワーキングスペースの料金目安と付帯サービス

コワーキングスペースの使用料は、プランによって変動します。時間制・1日・週など、使う期間をチェックして、相場を押さえておきましょう。

基本的に料金はシェアオフィスと同じく月額10,000円前後。オフィスによってはサービスがオプション料金で、スペース自体は5,000円以内で使い放題のところもあります。また、時間ごとの料金制を導入しているところでは2時間1,000~2,000円ほどで利用可能です。

コワーキングスペースは使用料が他のオフィスよりも安く抑えられますが、会社選びをきちんとしないと、払った金額と見合わない環境で仕事をすることになります。料金とサービスから適したプランを見極め、ビジネスのやりやすい環境を整えましょう。

コワーキングスペースの主なサービス

コワーキングスペースには、さまざまな付帯サービスがあります。付帯サービスの内容はコワーキングスペースによって異なるので、必ず必要なサービスや設備がある場合は、事前に確認しておきましょう。

共用会議室

取引先からの来訪や自社内でのホワイトボードを用いた会議が頻繁にある場合は、共用会議室があるコワーキングスペースを探すといいでしょう。また、無料化有料かも事前にチェックしておいてください。

共用休憩スペース

コワーキングスペース自体がリラックスできる空間となっている場所もたくさんあります。しかし、休憩するためのスペースが別途ある方が、よりリラックスできるでしょう。必須というわけではないものの、あるに越したことはありません。

駐車場、駐輪場

自分が通勤するとき以外にも、先方からの来訪を受ける場合、コワーキングスペースに駐車場や駐輪場があると便利です。利用する場合は、料金についても調べておきましょう。

複合機の有無

最近のコワーキングスペースにはたいてい置いてありますが、複合機が置いてあるかどうかはいちおう確認しておいたほうがいいでしょう。コピーなどはコンビニでもできますが、料金が高いですしコンでいる時間だと不便です。

コワーキングスペース利用例

雇用契約を結んでおらず、作業に集中したい人におすすめ!

コワーキングスペースを主に利用しているのは、フリーランスやスタートアップの起業家といった雇用契約を結んでいない人たちです。また、自宅などでは作業に集中しにくい人たちが、集中できる環境を求めて利用しています。

新たな出会いによるビジネスチャンスを求めている人

コワーキングスペースでは、さまざまな業種の人々が作業をしています。そのため、普段なら出会わないような業種の人とも交流できるという大きな魅力があります。そうした交流からは新たなビジネスチャンスが生まれることもあるので、新しい出会いを求めている人にもコワーキングスペースはおすすめです。

コワーキングスペースを利用するならおすすめの業者

レンタルオフィスCUBE

特徴

基本情報

月額費用 18,700円~(税込)
付帯サービス(オプションは記載しない)
  • 専用ブース(インターネット・デスク・チェア・電話・鍵込み)
  • キャビネット
  • コピー/プリントアウト
  • FAX
  • スキャナ
  • 会議室利用
  • 商談室利用
  • 社名看板
  • 固定IPアドレス
  • 32型液晶テレビ
  • インターネット
  • ビデオデッキ
  • 追加ホワイトボード
  • ビデオデッキ
  • DVDプレーヤー
  • プロジェクター
  • スクリーン
  • ノートPC

リージャス

特徴

基本情報

月額費用 22,900円~(税不明)
付帯サービス(オプションは記載しない)
  • セキュリティーサービス
  • 世界3,000拠点のラウンジを利用可
  • インターネット
  • カフェ利用可
  • 事務サポート
  • 会議室利用可(1日2時間まで)

サーブコープ

特徴

基本情報

月額費用 25,000円~(税不明)
付帯サービス(オプションは記載しない)
  • 貸し住所
  • 電話秘書代行
  • 無料Wi-Fi
  • オンサイトの秘書・ITサポート利用可
  • コーヒー・紅茶無料
  • 世界160箇所以上に拠点あり

Blue+

特徴

基本情報

月額費用 21,978円~(税込)
付帯サービス(オプションは記載しない)
  • 住所利用可
  • 共有FAX
  • 郵便転送
  • 鍵付きロッカー

Busico

特徴

基本情報

月額費用 16,500円(税込)
付帯サービス(オプションは記載しない)
  • 住所利用可
  • 有人受付
  • セキュリティカード
  • 専用ロッカー
  • 電話転送
  • FAX転送
  • 郵便物・宅配物保管
  • 宅急便発送
  • Wi-Fi
  • 各種備品
  • 面談・会議室

利用者の声

関連ページ

開業・支店開設のレンタルオフィス紹介メディア EENON

レンタルオフィスのサービス形態一覧【大阪版】
シェアオフィス
個室貸し
ブース貸し
時間貸し
バーチャルオフィス