初期費用を安く抑えたい人必見!
大阪で探すレンタルオフィス完全ガイド

1位 レンタルオフィスCUBE

最低価格:月額17,000円

大阪の一等地「梅田」で登記OK!住居表記・社内看板・電話代行込み!

空室をチェック

2位 サーブコープ

最低価格:月額21,000円

世界中に拠点アリ!バイリンガル秘書によるサポートが心強い

空室をチェック

3位 オフィスポート大阪

最低価格:月額85,000円~

1部屋8坪以上!24時間出入り自由なのも嬉しい。

空室をチェック

レンタルオフィスNavi【大阪版】 » 大阪市内のレンタルオフィス運営会社を比較調査 » オープンオフィスの特徴・口コミ・評判

オープンオフィスの特徴・口コミ・評判

公開日: |最終更新日時:

オープンオフィス_キャプション

引用元:オープンオフィス公式HP https://regus-openoffice.jp/

東京を皮切りに北海道から九州まで、全国50カ所にレンタルオフィスを展開しているオープンオフィス。大阪ではビジネスの中心である新大阪と淀屋橋、そして大阪平野町の4拠点を構え、起業家を支援するというコンセプトのもと、リーズナブルで使いやすいオフィスを提供しています。そんなオープンオフィスの特徴やレンタルプラン、設備詳細などを詳しくまとめました。

オープンオフィス

大阪のビジネスの中心に4拠点

オープンオフィスは大阪では新幹線の停車駅でまさに大阪の玄関口にあたる新大阪と京阪淀屋橋直結のオフィス、そして多くの有名企業が本社を構えている中央区平野町の4拠点にレンタルオフィスを構えています。 3つともアクセスが抜群な上に、設備も充実しています。周りには金融機関が揃っているのもポイント。そして何より、大阪一等地である住所を利用できるので、取引先やクライアントに興味を持ってもらえるなどビジネスに大きなメリットを生み出してくれるはずです。

初期費用の低さがポイント

オープンオフィスは、特に初期費用の低さにこだわっています。それが、起業家支援につながるため。無人運営をすることで、人件費を抑えとにかく新しく事業を始める人がオフィスを持てる条件を整えています。何か事業を始める際、貸事務所を借りるとしたら、そこにはオフィス家具やOA機器、インターネット通信など一から導入しなければなりません。事業をこれから始める人にとって、この初期費用は最も痛手。無理に賃貸オフィスをレンタルして、資金繰りが悪くなり始めた事業の寿命が短くなるケースもあります。

オープンオフィスでは、パソコンさえあれば、あとは全て揃った状態で事業をスタート可能。初期費用を大幅に抑えられるため、始めた事業を安定させるための人件費や備品を充実させるために使うことができます。企業のリスクを減らし、起業家のアイディア実現をサポートするのがオープンオフィスの狙いです。

年中無休で24時間利用可能

オープンオフィスは365日24時間利用することができます。オープンオフィスは費用を抑えるため無人運営していますが、受付の代わりをしてくれる無人管理システムが整っているため、オフィスに顧客が訪れた際にも心配なし。そのほか、郵便物、宅配物の受け取りなど、全てシステムが対応し、オープンオフィスを管理している本部に情報が行くようになっています。もちろん、清掃や緊急時の対応など機械では対応できない部分は、人の手ですぐに対応してくれるのもポイントです。

レンタルオフィスによっては1日の営業時間に制限があるので、時間外の急なトラブルなどに対応できないという場合がありますが、365日24時間体制のオープンオフィスならその心配はありません。

法人登記できる

注意点は様々ありますが、オープンオフィスのレンタルオフィス住所で法人登記ができます。また、海外の会社の日本支店として支店登録もできますので、多くの海外の会社がオープンオフィスを利用しているのも特徴です。

セキュリティーも万全

オープンオフィスの完全個室レンタルオフィスはプライバシーマーク制度の審査基準にしっかり合わせたオフィス環境を用意し、近年厳しくなりつつあるセキュリティー対策に配慮しています。オフィスの9割が完全個室になっているため、大事な情報の取り扱いも問題なし。また、従業員やお客さんに女性が多い業種でも安心して使うことができます。

大阪の格安レンタルオフィス比較ランキング BEST5>

オープンオフィスの施設詳細

プライベートレンタルオフィス

オープンオフィス_プライベートレンタルオフィス

引用元:オープンオフィス(https://regus-openoffice.jp/openoffice/shinosakakita/)

オープンオフィスのプライベートレンタルオフィスはとてもシンプル。無駄を省くことで、不要なコストを削減しています。そのシンプルさが利用者からは「使いやすい」と評判。LANケーブルはもちろん配線済みで共用のプリンターも整備されているため、オフィスとして必要な機能性を整えています。セキュリティ面はICカードキーで管理されており、高いセキュリティを確保しています。

席がパテーションで区切られた部屋

オープンオフィス_パテーションで区切られた部屋

引用元:オープンオフィス(https://regus-openoffice.jp/openoffice/osaka-hiranomachi/)

席数こそ少ないですが、少人数ごとに席がパーテーションで区切られた部屋も利用できます。少数のチームでの話し合いや作業に適しています。

明るく洗練された会議室

オープンオフィス_明るく洗練された会議室

引用元:オープンオフィス(https://regus-openoffice.jp/openoffice/keihan-yodoyabashi/)

ガラス張りで中の様子が伺える会議室が完備されています。会議をしながらも他の社員の状況が把握可能。必要な時に借りることができるのもポイントです。

フリースペースやカフェスペース

オープンオフィス_フリースペースやカフェスペース

引用元:オープンオフィス(https://regus-openoffice.jp/openoffice/osaka-hiranomachi/)

共用部分には自由に使えるフリースペースがあります。オープンオフィス大阪平野町ではコワークスペースとしても利用されているほか、気分転換に休憩するもよし、個室内ばかりだと狭苦しいと感じる方は、気分転換に作業をするもよし。カフェテーブルが置いてありますので、打ち合わせや商談などにも使えます。

受付は無人

オープンオフィス_受付は無人

引用元:オープンオフィス(https://regus-openoffice.jp/openoffice/osaka-hiranomachi/)

最近のレンタルオフィスでは受付サービスをしているところが増えてきていますが、オープンオフィスの受付は無人です。その代り、受付のシステムが応対し、来客や宅配物などは利用者に連絡が行くようになっています。受付に気を遣うことなく自由にオフィスを利用したい方におすすめです。

椅子、机はレンタル制

オープンオフィス_椅子、机はレンタル制

引用元:オープンオフィス(https://regus-openoffice.jp/openoffice/toyota/)

オープンオフィスでは、椅子と机は月額3,000円からのレンタルとなっています。初期投資こそあまりかからないものの、長年借り続けるなら買いそろえたほうが安くする可能性も。購入して持ち込みが可能かは公式サイトに記載がないため、要問い合わせです。また、レンタルオフィスによってはあらかじめ備え付けられていて無料で使えるところもあるので、それも踏まえて検討した方が良さそうです。

オープンオフィスの主なプランと価格

【個室レンタルオフィス】

できる限り経費を削ることで大事な資金を事業に集約するために当社があると豪語するオープンハウス。オープンハウスのレンタルオフィスはとにかく、貸し事務所を借りる場合より大幅なコストダウンを提供してくれます。月額利用料にインターネット通信量、OA機器使用料は込み込みなので、自らそれらを用意する必要はありません。

ただし、他社によくある受付秘書サービスはオープンオフィスにはないので、受付秘書サービスを求めている方は注意が必要です。とは言え、その代わりに専用メールボックスが設けられているので、宅配物の受け取りは問題ありません。また、入り口には利用者の社名が表示される上、急な来客にも入り口にあるシステムが対応し、利用者には連絡が行くようになっているので安心です。

【半個室レンタルオフィス】

スペースこそ机一人分ほどしかありませんが、その分月額使用料は抑えられています。それでいて、付帯するサービスは個室レンタルオフィスとほとんど同等です。営業回りなどでオフィスにいることが少ない方や、とにかく少ないコストでオフィスを持ちたいという人に最適です。

【ノマドワーキングスタイルのオフィス】

大阪平野町のオフィスではノマドワーカーが働けるスペースも提供していますので、オフィスを借りるほどのお金はないが、自宅ではない場所で仕事をしたい事業者にはぴったりです。立地もそうですが、特に、オープンオフィスの充実した設備を利用できるのは快適に事業をする上で大きな助けとなってくれるはず。尚、利用料はホームページには記載がなかったため、利用を検討している方は問い合わせてみてください。

【バーチャルオフィス】

バーチャルオフィスとしても利用できますので、作業は自宅でやるけど、住所、電話番号は自宅のもので事業をやりたくないという人には最適です。大阪都心一等地の住所を利用できるメリットは計り知れないので、きっとあなたの事業のブランディングに貢献してくれるはずです。また、コワークスペースもあるオフィスもあるので、顧客訪問の時になど、出先への拠点として利用することもできます。

オープンオフィスの口コミ評判

総評

オープンオフィスは起業家を応援するための多くのサービスを提供していますので、うまく利用すれば、オフィスを持つことによる初期費用やランニングコストを大きくダウンさせることが可能です。ただ、24時間受付は無人というのは、最近の主流なレンタルオフィスのサービスからすると、ちょっと不足感があるのも事実。どのようにオフィスを利用したいのか、何を重視するのかよく考えてから選びましょう。

関連ページ

開業・支店開設のレンタルオフィス紹介メディア EENON

大阪市内のレンタルオフィス運営会社を比較調査
RE:ZONEの特徴・口コミ・評判
EPISODEの特徴・口コミ・評判
レンタルオフィスbillageの特徴・口コミ・評判
ワンストップビジネスセンターの特徴・口コミ・評判
WORK JAMの特徴・口コミ・評判
The 電源館の特徴・口コミ・評判
ビズサークルの特徴・口コミ・評判
Lab worksの特徴・口コミ・評判
NAGAYA本町の特徴・口コミ・評判
レンタルオフィスCUBEの特徴・口コミ・評判
SOHO PLUSの特徴・口コミ・評判
アセットデザインの特徴・口コミ・評判
Small Office Brickの特徴・口コミ・評判
クリエイション・コア東大阪の特徴・口コミ・評判
T4Bの特徴・口コミ・評判
ビズミックス淀屋橋の特徴・口コミ・評判
株式会社センターオフィスの特徴・口コミ・評判
ビジネスサポートセンターの特徴・口コミ・評判
京町堀レントプロの特徴・口コミ・評判
ICT OFFICEの特徴・口コミ・評判
レンタルオフィスの選び方
創発株式会社(SOUHATSU)の特徴・口コミ・評判
ハーベストの特徴・口コミ・評判
コモンルーム(common room)の特徴・口コミ・評判
SOHOクレードルの特徴・口コミ・評判
ビジネスサポートオフィスの特徴・口コミ・評判
レセプションセンターの特徴・口コミ・評判(閉業)
SOHO BOXの特徴・口コミ・評判
レンテンイマジネーションの特徴・口コミ・評判
ファーストテラスの特徴・口コミ・評判
リージャスの特徴・口コミ・評判
サーブコープの特徴・口コミ・評判
リクリー堂島の特徴・口コミ・評判
fabbit(旧:オフィスアテンド)の特徴・口コミ・評判
Katanaオフィスの特徴・口コミ・評判
グランクリュ大阪北浜の特徴・口コミ・評判
D-SPOT-COMの特徴・口コミ・評判
レンタルオフィスatto(アット)の特徴・口コミ・評判
YADORIGIの特徴・口コミ・評判
ハレオフィス新大阪の特徴・口コミ・評判
パートナーズオフィスの特徴・口コミ・評判
アルファオフィス247の特徴・口コミ・評判
Grand Cru 大阪 北浜の特徴・口コミ・評判
ビーハイヴの特徴・口コミ・評判
レンタルオフィスSTEERの特徴・口コミ・評判
オフィスポート大阪の特徴・口コミ・評判
BAレンタルオフィス本町の特徴・口コミ・評判
Umidassの特徴・口コミ・評判
SYNTHの特徴・口コミ・評判
シナプス心斎橋の特徴・口コミ・評判