初期費用を安く抑えたい人必見!
大阪で探すレンタルオフィス完全ガイド

1位 レンタルオフィスCUBE

最低価格:月額17,000円

大阪の一等地「梅田」で登記OK!住居表記・社内看板・電話代行込み!

空室をチェック

2位 サーブコープ

最低価格:月額21,000円

世界中に拠点アリ!バイリンガル秘書によるサポートが心強い

空室をチェック

3位 オフィスポート大阪

最低価格:月額85,000円~

1部屋8坪以上!24時間出入り自由なのも嬉しい。

空室をチェック

レンタルオフィスNavi【大阪版】 » レンタル・バーチャルオフィスを活用している業種 » 中小企業診断士がレンタルオフィスを利用するメリット

中小企業診断士がレンタルオフィスを利用するメリット

中小企業診断士は、中小企業の経営合理化のためにアドバイスを行う人のことを指します。国家資格を有しており、適切なアドバイスを行うことが主な業務です。業務内容や独立の過程を考えると、中小企業診断士がレンタルオフィスを利用することには大きなメリットがあると言えます。どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

豊富な人脈を築くのに適している

中小企業診断士というのは、一般社団法人中小企業診断協会が実施している試験に合格しなければいけません。

試験は1次試験と2次試験に分かれています。1次試験に合格した後、2次試験に合格後実務補修を修了するか診断実務に従事することが必要がです。もしくは、中小企業基盤整備機構や登録養成機関が実施している養成課程を修了します。

しかし、これらの試験を合格しても、独占業務がないことから、ニーズが高いわけではありません。そこで独立開業していくには人脈が大切となります。行政関係のノウハウや人脈がカギとなって、必要な仕事を手にすることができるのです。

その点、レンタルオフィスなら様々な業種の人が出入りしているので、交流を深める・人脈を広げるのに適しているのです。土業でレンタルオフィスを利用している人も増えているので、複数の人と交流できる機会があります。業務の幅を広げるのに欠かせない人脈を築くことができるのです。

アクセスの良さや費用

中小企業診断士が独立するにあたって、レンタルオフィスなら独立しやすいこともメリットでしょう。レンタルオフィスは一等地に設けられていることが多く、クライアントがアクセスしやすいというメリットがあります。もし立地が悪いならば、クライアントも訪問しにくくなり、与える印象は良いものではないで種お。都心の一等地にオフィスを構えられれば、利便性の他にも相手の信頼を得るのにも役立ちます。

また、独立の際にかかる初期費用の面でもメリットがあります。独立には多額の費用がかかるでしょう。オフィス用具やインターネット設備代、その他の資料を購入する必要があります。多額の資金が必要となる独立の際に、レンタルオフィスを活用するなら費用を抑えられるのです。

関連ページ

開業・支店開設のレンタルオフィス紹介メディア EENON

レンタル・バーチャルオフィスを活用している業種
金融コンサルがレンタルオフィスを利用するメリット
ITコンサルタントがレンタルオフィスを利用するメリットとは?
クリエイターとの相性が良いシェアオフィス
独立・起業のためのレンタルオフィスの選び方
建築士として開業するならレンタルオフィス
レンタルオフィスはカウンセリング業向き?
一人企業に便利なおすすめサービス6選
個人・法人で起業するための手続き
士業・弁護士事務所を構えるならレンタルオフィス
ノマド起業におすすめのオフィスタイプ
経営コンサルで開業するならレンタルオフィス
不動産業はレンタルオフィスで開業できる?
フリーランスならレンタルオフィス?オフィス選びのポイントまとめ