ノマド起業におすすめのオフィスタイプ

ノマドワーカーとして起業するためにどんなオフィスを選べばよいのでしょうか。大きなオフィスが不要なノマド起業におすすめのオフィスタイプを3つ紹介します。

そもそもノマド起業にオフィスは必要?

パソコン一つでどこでも仕事ができるノマドワーカーは、オフィスとは無縁のように思えます。しかし場合によっては、ノマド起業をする際でも、オフィスが必要になることがあるのです。

法人登記するための住所として必要

個人事業主として起業するだけなら、自宅の住所だけで十分かもしれませんが、法人として起業する場合は、オフィスの必要性を感じるでしょう。というのも、法人登記する際に使用する住所は一般公開されます。そのため、住所として自宅の住所を使うことに抵抗を感じるかもしれません。場合によっては自宅住所での法人登記が、できないこともあります。

法人を作るための住所として、ノマド起業でもオフィスが必要になることがあるのです。

拠点の一つとして、あると便利

カフェなどを利用して働くことが多いノマドワーカーは、自宅の近くにいくつかのお気に入りの仕事場所を持っている人も多いかと思います。そのような「働く場所の一つ」として、専用のオフィスがあると、さらに活動しやすくなるでしょう。オフィスではWi-Fi環境が安定していて、会議室もあるなど、カフェとは違った利便性が得られるはずです。

郵便物の受け取りは

郵便物の配送先として自宅の住所を使用したくない場合には、代わりの届け先となる住所が必要となります。 そのような場合には、「私書箱」「レンタルオフィス・シェアオフィス」「バーチャルオフィス(会社による)」のいずれかを住所として借りる必要があります。 「私書箱」は無人のポストのようなもので、住所を調べられてしまうと私書箱が宛先だとバレてしまったり“私書箱○○”と表記する必要が出てきてしまったりする場合もあります。 「レンタルオフィス・シェアオフィス」では基本的に郵便物の受け取りは行ってくれます。また、「バーチャルオフィス」も会社によって受け取りを行ってくれる場合もあります。 郵送物の受け取りは希望に合わせて決めておきましょう。

レンタルオフィスでのノマド起業はデメリット解消につながる

ノマド企業をする場合には、様々なデメリットがあります。

レンタルオフィスを利用することで、このデメリットを解消にもつなげることができます。

ノマド起業は環境によって集中しづらい

ノマド企業の場合、仕事場所は自宅やカフェといった場所になりがちです。自宅の場合には仕事モードとオフモードの切り替えがうまくいきにくく、ズルズルと時間だけが過ぎて行ってしまうことや休憩しすぎてしまったりして自分で時間を管理するのが難しい場合があります。

また、カフェで仕事をする場合にも座った場所の周りにいる人達の話し声やカフェへの人の出入りが気になって集中できないこともあります。

レンタルオフィスであれば、一般企業のオフィスと全く同じとはいかなくても仕事をするための空気や環境が整っており集中しやすくなっています。環境が整うことで仕事中に気が散ってしまいにくく、仕事が捗りやすい環境で仕事をすることができます。

セキュリティ面の不安解消が望める

ノマドワーカーは企業のようなセキュリティ対策を取ることは難しいと言われています。仕事上でWi-Fiを使う場合には、公共のものを使用していると悪意のある第三者によってPCに保存したデータを勝手に見られてしまうリスクがあります。また、ネットカフェのような様々な人が利用する場所で仕事をすると、資料や大切なデータの入ったUSBの置忘れや作業している画面を覗かれると言った危険が伴う場合もあります。

レンタルオフィスであれば、しっかりと来訪者はチェックされています。利用者に関してはICカードにより入退室がチェックされているので、安心できます。Wi-Fiでは暗号化をはじめとした高度なサイバーセキュリティを整えており、重要書類を保管してくれるサービスを利用できる場合もあります。

レンタルオフィスにすることでセキュリティ面での不安も解消できます。

打ち合わせスペースの確保にもつながる

ノマドワーカーの場合、打ち合わせ場所に困ってしまうこともあります。カフェだと色々な人がいる場所なので話ができる範囲はある程度限られてきてしまいます。自宅内に打ち合わせスペースを作ることも可能ですが、どうしてもスペースが限られてしまうというデメリットもあるのです。

しかし、レンタルオフィスであればちょっとした来客対応やオープンな打ち合わせスペース・重要な話ができる小さな会議室まで様々なサービスを利用することができます。

状況に応じて利用する打ち合わせスペースを使い分けることができる点も魅力です。

ノマドワーカーの場合は仕事上での人脈は直接のやり取りがあるクライアントに限られやすく、それ以外とは作りにくいというデメリットがあります。しかし、レンタルオフィスであれば利用者同士の交流を促している所もあり、交流会やビジネスマッチング会で新規クライアントとの出会いや新規クライアントにつながる人と出会ったりすることもあります。一人だと限られてしまいがちな出会いの人数も、レンタルオフィスの利用によって広げることが可能です。

ノマド起業におすすめのオフィスタイプ3つ

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスとは、実際の部屋を借りるのではなく、住所だけをレンタルできるサービスです。借りた住所は、法人登記するための住所として利用できることもあります。オフィスを必要としないノマド起業に相性の良いオフィスタイプです。

郵便物を受け取って保管してくれたり、自宅に転送してくれたりなどのサービスを、オプションで付けることもできます。

シェアオフィス

シェアオフィスは、複数用意されたデスクの一つだけをレンタルしたり、空いているデスクの一つを自由に利用できたりなど、共同スペースをレンタルするタイプです。「コワーキングスペース」とも呼ばれます。

一つの部屋を占有するプランよりも安く借りられるので、活動する場所の一つとして、ノマド起業にもおすすめできます。

無料ドリンク付きのオフィスもあり、定額制のカフェのような感覚で利用してもよいでしょう。シェアオフィスでも、プランによっては、法人登記できる場合があります。

レンタルオフィス

レンタルオフィスは、自分専用の一部屋をレンタルするタイプです。このタイプは基本的に、法人登記に対応しています。

賃貸オフィスとは違って、水道光熱費が利用料金に含まれていることが多く、机や椅子、インターネット環境など、オフィスとしての基本機能が最初から備わっているのが特徴です。

賃貸オフィスよりも費用を抑えることができ、一人用の小さな部屋から借りられるプランが多いので、ノマド起業にも適しています。