初期費用を安く抑えたい人必見!
大阪で探すレンタルオフィス完全ガイド

1位 レンタルオフィスCUBE

最低価格:月額17,000円

大阪の一等地「梅田」で登記OK!住居表記・社内看板・電話代行込み!

空室をチェック

2位 サーブコープ

最低価格:月額21,000円

世界中に拠点アリ!バイリンガル秘書によるサポートが心強い

空室をチェック

3位 オフィスポート大阪

最低価格:月額85,000円~

1部屋8坪以上!24時間出入り自由なのも嬉しい。

空室をチェック

レンタルオフィスNavi【大阪版】 » レンタルオフィスとバーチャルオフィスの基礎知識 » レンタルオフィスは書斎としても使える?

レンタルオフィスは書斎としても使える?

「自分専用の書斎がほしい」という思いを持っている人も多いのではないでしょうか。けれども、自宅には余っている部屋がなかったり、書斎のためだけに賃貸物件を使うのはお金がかかりすぎたり、などの理由でなかなか実現するのが難しいように感じられます。そこでおすすめなのがレンタルオフィスの利用です。

自分だけの書斎を手に入れる

レンタルオフィスに用意されているさまざまなタイプのスペースのひとつに「個室タイプ」があります。オープン・スペースなどと比較すると料金はやや割高になります。それでも、安いところであれば、都内でも月額料金2万円~4万円程度です。一部屋賃貸するよりはリーズナブルなので、「この金額までなら可能かな」という人は、書斎としてレンタルオフィスを使うことを検討してみてはいかがでしょうか。

レンタルオフィスの個室タイプとは

個室タイプは、書斎として理想的な条件に多く合致している場合が多いです。たとえば、となりのスペースとはしっかり区切られているため、周囲の視線などを気にせずくつろいで過ごせます。また、一般の賃貸物件などと異なり、机や椅子などが完備されているため、そのまま書斎として利用できます。さらに、個室ごとに鍵をかけられるところもあり、その場合はセキュリティー面での心配もありません。

レンタルオフィスのさまざまな活用法

個室タイプを契約すれば、書斎以外にも、さまざまな用途で利用することができます。いわば「自分専用の趣味の部屋」としての活用です。多くのレンタルオフィスではネット環境が整っている場合が多いので、オンラインゲームやネットでの株式投資、個人ブログの作製その他、幅広く楽しめます。

日本中でレンタルオフィスが増加傾向

仕事場や書斎、あるいは趣味の部屋などとして、さまざまな用途が可能なレンタルオフィス。社会のニーズにも合致しているようで、現在では、全国的にレンタルオフィスの店舗数が増加傾向にあります。地方に住んでいる人も、自分に合うレンタルオフィスを見つけやすくなってきているので、気になる方はぜひ近くのエリアから探してみてください。

関連ページ

開業・支店開設のレンタルオフィス紹介メディア EENON

レンタルオフィスとバーチャルオフィスの基礎知識
レンタルオフィスをセミナー活用するメリット
レンタルオフィスのセキュリティ対策はどのようなもの?
レンタルオフィスとサービスオフィスの違いとは?
バーチャルオフィスの法人口座を開設するには
レンタルオフィスを女性が利用するメリット
オフィス運営の固定費を削減するには
1人用レンタルオフィスのメリットとは?
レンタルオフィスは自習に向いている?
レンタルオフィスを使うときのマナーとは?
バーチャルオフィスは社会保険に加入できる?
何が違う?レンタルオフィスと通常の賃貸オフィス
バーチャルオフィスは犯罪に利用される?
テレワークにはレンタルオフィスが便利?
レンタルオフィスの利用を開始するまでの流れ
シェアオフィスとレンタルオフィスの違い
レンタル・バーチャルオフィスで創業融資は可能?
サテライトオフィスの活用方法とは?
レンタルオフィスとインキュベーションオフィスの違いとは?
バーチャルオフィスでの法人登記は違法?
レンタルオフィス契約前に内見・見学をするべき?
1日のみのレンタルオフィス利用は可能?
レンタルオフィスで銀行口座開設は可能?
マンスリーオフィスとは?
レンタルオフィスは支社としての利用に向いている?
バーチャルオフィスの審査に通るためのポイント
ブースのレンタルオフィスを上手に活用するために
レンタルオフィスの利用方法「ドロップイン」とは
レンタルオフィスで審査に落ちる原因と対策
レンタルオフィスの防音・騒音対策
コワーキングスペースとレンタルオフィスの違い