初期費用を安く抑えたい人必見!
大阪で探すレンタルオフィス完全ガイド

1位 レンタルオフィスCUBE

最低価格:月額17,000円

大阪の一等地「梅田」で登記OK!住居表記・社内看板・電話代行込み!

空室をチェック

2位 サーブコープ

最低価格:月額21,000円

世界中に拠点アリ!バイリンガル秘書によるサポートが心強い

空室をチェック

3位 オフィスポート大阪

最低価格:月額85,000円~

1部屋8坪以上!24時間出入り自由なのも嬉しい。

空室をチェック

レンタルオフィスNavi【大阪版】 » レンタルオフィスとバーチャルオフィスの基礎知識 » レンタルオフィスは自習に向いている?

レンタルオフィスは自習に向いている?

このページでは、レンタルオフィスが仕事や作業だけでなく、実は勉強・自習をするのにも適した環境になっていることについて、説明しています。

より集中できる自習室としての利用

定期試験や入試試験など、学生は集中して便用するためのスペースが必要になる場面がたびたびあります。また、社会人になってからも、資格試験を受験する場合があります。そんなとき、自宅では誘惑が多過ぎて集中しにくいという人も多いのではないでしょうか。

ファミレスや喫茶店、あるいは図書館の自習室などを利用するのも手ですが、これらの場所は隣の人との間にしっかりとした仕切りがないケースが多く、気が散りやすいかもしれません。その問題を解消してくれるのがレンタルオフィスです。

レンタルオフィスの個室タイプを活用

レンタルオフィスにはさまざまなタイプのオフィスやスペースが用意されています。その中で、個室タイプを選択すれば、ファミレスや喫茶店などとことなり「自分だけの自習ルーム」ともいえる空間で自習に臨めます。周りの視線などを気にせず、プライバシーも守られた状態で集中して自習ができます。

料金について

利用する上で少し気になるのが、料金。個室タイプは、オープンタイプよりも料金は高く設定されています。けれども、ネットなどで上手にさがせば、例えば、都内にあるレンタルオフィスであっても、コンパクトな1人用の個室であれば、月額2万円~3万円以内のものもあります。利用頻度が多い人であれば、日割りにして計算してみると、それほど高い金額ではないことがわかります。

個室が自習スペースに向いているその他の理由

個別のカギが設置されているタイプもあり、セキュリティー面でも安心です。また、ネット環境が整っているので、ネットで調べ物をする必要がある自習にもピッタリです。さらに、レンタルオフィスによっては、勉強道具や教科書、参考書などを置くのにちょうどよい棚が用意されている場合もあります。

個室タイプでの自習に飽きてしまうこともあるでしょう。そんなときには気分転換のためにラウンジなどのオープン・スペースの利用がおすすめです。予約がいらないシステムを導入しているところもあります。

関連ページ

開業・支店開設のレンタルオフィス紹介メディア EENON

レンタルオフィスとバーチャルオフィスの基礎知識
レンタルオフィスで銀行口座開設は可能?
レンタルオフィスの防音・騒音対策
ブースのレンタルオフィスを上手に活用するために
1人用レンタルオフィスのメリットとは?
テレワークにはレンタルオフィスが便利?
オフィス運営の固定費を削減するには
サテライトオフィスの活用方法とは?
レンタルオフィスは書斎としても使える?
何が違う?レンタルオフィスと通常の賃貸オフィス
レンタルオフィスは支社としての利用に向いている?
レンタルオフィス契約前に内見・見学をするべき?
レンタルオフィスの利用方法「ドロップイン」とは
レンタルオフィスを使うときのマナーとは?
レンタルオフィスをセミナー活用するメリット
バーチャルオフィスは犯罪に利用される?
レンタルオフィスとインキュベーションオフィスの違いとは?
レンタルオフィスとサービスオフィスの違いとは?
マンスリーオフィスとは?
レンタル・バーチャルオフィスで創業融資は可能?
1日のみのレンタルオフィス利用は可能?
レンタルオフィスを女性が利用するメリット
バーチャルオフィスは社会保険に加入できる?
シェアオフィスとレンタルオフィスの違い
レンタルオフィスで審査に落ちる原因と対策
レンタルオフィスの利用を開始するまでの流れ
バーチャルオフィスでの法人登記は違法?
コワーキングスペースとレンタルオフィスの違い
バーチャルオフィスの法人口座を開設するには
レンタルオフィスのセキュリティ対策はどのようなもの?
バーチャルオフィスの審査に通るためのポイント