初期費用を安く抑えたい人必見!
大阪で探すレンタルオフィス完全ガイド

1位 レンタルオフィスCUBE

最低価格:月額17,000円

大阪の一等地「梅田」で登記OK!住居表記・社内看板・電話代行込み!

空室をチェック

2位 サーブコープ

最低価格:月額21,000円

世界中に拠点アリ!バイリンガル秘書によるサポートが心強い

空室をチェック

3位 オフィスポート大阪

最低価格:月額85,000円~

1部屋8坪以上!24時間出入り自由なのも嬉しい。

空室をチェック

レンタルオフィスNavi【大阪版】 » レンタルオフィスとバーチャルオフィスの基礎知識 » 何が違う?レンタルオフィスと通常の賃貸オフィス

何が違う?レンタルオフィスと通常の賃貸オフィス

このページでは、レンタルオフィスと、一般的な賃貸オフィスの違いを説明しています。どちらのタイプのオフィスを選ぶべきか迷っている人は、自分のニーズに合ったオフィスをさがすためのヒントとして、ぜひご活用ください。

レンタルオフィスと賃貸オフィスの違い・適した用途とは

レンタルオフィスと一般的な賃貸オフィスには、それぞれ独自の特徴があります。そのため、オフィスを利用する期間や用途、人数、予算、あるいはこだわりたい点などを総合的に考慮した上で、どちらがより適しているかを見極めること必要です。それぞれのオフィスが、より適している場合について解説します。

レンタルオフィスのほうがよい場合

比較的少人数で利用する場合

面積あたりの賃料がやや高めである点や、少人数用に設計されたスペースが豊富に用意されているケースが多い点を考慮すると、少人数でオフィスを使いたい場合には、レンタルオフィスを選ぶのがおすすめです。

ビルのブランド力を生かしたい場合

一般的賃貸オフィスとして利用すると、かかる費用が大幅に予算をオーバーしてしまうような「ブランド力の高いビル」。そのようなビルであっても、レンタルオフィスなら、かなり安い月額料金での利用も可能かもしれません。高い信用を得られるようなビルに、ビジネスの拠点を構えたい場合におすすめです。

交通アクセスのよさを優先したい場合

大都市やビジネス街の主要駅から、徒歩でアクセスできるようなエリアに拠点を定めたい場合は、レンタルオフィスがおすすめです。交通アクセスの良さを重視した立地に店舗を構えるレンタルオフィスは多数あります。

新たなプロジェクトを立ち上げる場合

新しいビジネスやプロジェクトに着手する場合は、レンタルオフィスがおすすめです。1ヵ月間のみの利用契約にも対応しているレンタルオフィスは少なくありません。長期的なスケジュールが未定の場合などは、非常に重宝するはずです。

業務を行うスペースを急いで確保したい場合

例えば、新規事業をスタートする際など、急に決まったものである場合や時間的ゆとりがない場合など、仕事や作業を進める場所をさがすのに、あまり時間をかけられないことも多いのではないでしょうか。そんなとき、レンタルオフィスなら、すでにネット環境や家具、OA機器などがすでに用意されているため、スムーズに仕事に取りかかることができます。また、受付対応などのサービスを利用できるレンタルオフィスなら、事務スタッフをさがす時間や手間も省けます。

賃貸オフィスのほうがよい場合

在庫商品などがある場合

面積あたりの賃料という観点のみで計算すると、レンタルオフィスよりも賃料が安い場合もあります。そのため、在庫を保管するスペースが必要なケースでは、賃貸オフィスがおすすめです。また、レンタルオフィスでは24時間いつでも同じスペースを専有できないケースもあるため、在庫を抱え、保管するビジネスには向かないかもしれません。

オフィスの利用人数が5人以上の場合

レンタルオフィスによっては、5名どころか数十名が利用できるオフィスを用意しているところもあります。ですが、かならずしも豊富な選択肢があるとはかぎりません。数名までの利用を上限とする、小さめの区画が現時点では主流であるといえます。そのため、利用人数が多い場合は、賃貸オフィスのほうが選択肢を広く持てるためおすすめです。

セキュリティーにこだわりたい場合

レンタルオフィスでは、オフィスのタイプによってセキュリティー対策に力を入れることが難しい設計デザインのスペースも少なくありません。他のユーザーや他社との接触を避け、できる限りセキュリティーを充実させたいのであれば、賃貸オフィスのほうが適しているといえます。

来客が多い企業の場合

ひんぱんに来客がある場合は、応接用の空間などが必要になるため、賃貸オフィスを選択するべきでしょう。レンタルオフィスでも、共有スペースなどを応接スペースとして利用することは可能ですが、プライバシーが気になる場合には、あまり向いていません。

特殊な什器(じゅうき)が必要な場合

あまり一般的ではない特殊な什器をひんぱんに利用するような仕事の場合、レンタルオフィスでは不便かもしれません。一般的なOA機器であれば、設置されているレンタルオフィスは少なくありませんが、特殊なものはたいてい設置されていないと考えておくべきしょう。

関連ページ

開業・支店開設のレンタルオフィス紹介メディア EENON

レンタルオフィスとバーチャルオフィスの基礎知識
レンタルオフィス契約前に内見・見学をするべき?
レンタルオフィスの防音・騒音対策
バーチャルオフィスでの法人登記は違法?
オフィス運営の固定費を削減するには
レンタルオフィスは書斎としても使える?
レンタルオフィスを使うときのマナーとは?
バーチャルオフィスの審査に通るためのポイント
レンタルオフィスの利用方法「ドロップイン」とは
レンタルオフィスの利用を開始するまでの流れ
1日のみのレンタルオフィス利用は可能?
テレワークにはレンタルオフィスが便利?
1人用レンタルオフィスのメリットとは?
レンタルオフィスは支社としての利用に向いている?
レンタルオフィスは自習に向いている?
レンタルオフィスとサービスオフィスの違いとは?
コワーキングスペースとレンタルオフィスの違い
バーチャルオフィスは社会保険に加入できる?
レンタルオフィスとインキュベーションオフィスの違いとは?
ブースのレンタルオフィスを上手に活用するために
バーチャルオフィスの法人口座を開設するには
レンタルオフィスで銀行口座開設は可能?
レンタルオフィスのセキュリティ対策はどのようなもの?
レンタル・バーチャルオフィスで創業融資は可能?
レンタルオフィスをセミナー活用するメリット
マンスリーオフィスとは?
シェアオフィスとレンタルオフィスの違い
サテライトオフィスの活用方法とは?
レンタルオフィスを女性が利用するメリット
バーチャルオフィスは犯罪に利用される?
レンタルオフィスで審査に落ちる原因と対策