初期費用を安く抑えたい人必見!
大阪で探すレンタルオフィス完全ガイド

1位 レンタルオフィスCUBE

最低価格:月額17,000円

大阪の一等地「梅田」で登記OK!住居表記・社内看板・電話代行込み!

空室をチェック

2位 サーブコープ

最低価格:月額21,000円

世界中に拠点アリ!バイリンガル秘書によるサポートが心強い

空室をチェック

3位 オフィスポート大阪

最低価格:月額85,000円~

1部屋8坪以上!24時間出入り自由なのも嬉しい。

空室をチェック

レンタルオフィスNavi【大阪版】 » レンタルオフィスとバーチャルオフィスの基礎知識 » マンスリーオフィスとは?

マンスリーオフィスとは?

公開日: |最終更新日時:

「マンスリーオフィス」は名称のとおり、1ヶ月単位での利用が可能なオフィスのことです。このページでは、主に、マンスリーオフィスの便利さについて説明しています。

「とりあえず1ヶ月だけ」利用できる手軽さ

月単位で契約し、気軽にオフィスを利用できるのが最大の魅力です。一般的な賃貸物件などでは、「退出する場合は一定期間以上前までにその予定を伝えなくてはならない」といったルールが定められている場合もあります。そうなると、気軽に1ヶ月だけ使ってみる、といったスタンスで利用するのは難しいものです。

一方、マンスリーオフィスであれば、契約を更新して1ヶ月以上利用するかどうかを、最初の1ヶ月の間にじっくりと検討できます。

負担の少なさが嬉しいポイント

月単位で好きな期間のみ利用できるだけでなく、初期費用があまりかからない場合が多いのも魅力です。そのため、「せっかく費用をかけたのだから、もっとこのオフィスを活用しなければ!」といったストレスを感じる必要がありません。オフィスが気に入らなかったり、必要なくなったりした際には、精神面・経済面のどちらにおいても、受けるダメージが少なくなるはずです。これは利用者にとっては大きな魅力です。

「もうひとつのオフィス」としての利用もアリ

今現在利用しているオフィスに、満足していない場合や、立地条件が良くない自宅にオフィスを構えている場合などにも、マンスリーオフィスの利用がおすすめです。1ヶ月間のみの契約が可能なので、自分なりの「お試し期間」として、使い勝手などを体験してみることが可能です。気に入った場合には、マンスリーオフィスに移転したり、あるいは「第2のオフィス」として活用したりするなど、自分のニーズに合わせられます。

実際に利用してみるのがおすすめ

マンスリーオフィスをレンタルするかどうかで迷っているのであれば、思い切って、一度試しにレンタルしてみるのがよいでしょう。イメージだけをふくらませていてもなかなか実際の感覚はつかめないものです。小規模な物件を1ヶ月間だけレンタルするのであれば、それほどのコストは必要ないので、気軽に体験しやすいのではないでしょうか。

また、マンスリーよりも短い期間だけ作業オフィスが欲しいと感じている方には、レンタルオフィスもおすすめです。日ごと・時間ごとにレンタル可能なだけでなく、マンスリーと同じようにマンスリーで借りれるなど、自由度が高めです。コストを抑えるためにも、候補のひとつとして覚えておいて損はありません。

大阪で月単位で利用できるレンタルオフィス3選

オフィスを月単位でレンタルしているレンタルオフィス会社を3社ピックアップしました。

レンタルオフィスCUBE

レンタルオフィスCUBEの特徴

レンタルオフィスCUBEは、「効率性」と「安心感」の2点を重視したレンタルオフィスです。事務作業用のスペースには、インターネット回線をはじめ、デスク、電話回線といった基本的な設備が充実。また、電話応対、受付応対、来客時のお茶出しなど、さまざまな側面から利用者をサポートしてくれます。

レンタルオフィスを探す人がまず気になるのが費用でしょう。レンタルオフィスCUBEでは、利用者が利益を上げること、成長すること、リスクを抑えることを重視。利用料金は固定費であるため、無駄なサービスが付いていたり、逆に必要なサービスがなかったりすると無駄が出てしまいます。レンタルオフィスCUBEでは、そうした点を考慮して月額料金やオプション料金を設定しているので、コストを抑えたレンタルオフィス利用を可能にしています。

レンタルオフィスCUBEの口コミ

これまでは京都の合同事務所に入っていたのですが、大阪のお客様が増えてきたので大阪に移転することを考え始めたのが、レンタルオフィスCUBEを見つけるきっかけでした。同様のサービスを提供しているところもいくつか見てきた中でレンタルオフィスCUBEを選んだのは、ブースのスペースが十分に広く、なおかつ明るい雰囲気だった点が決め手になったからです。ほかの業者では、料金がリーズナブルではあるものの、ブースが狭く暗い雰囲気とのところもあり、そうしたところでは気持ちよく働けないと感じたので、こちらを利用しています。

参照元:レンタルオフィスCUBE公式HP(https://www.osakalc.co.jp/customer/voice3.html)

もとは大阪に営業所を構えていましたが、わたし以外のスタッフが全員辞めてしまったので、小規模な事務所を探していたところレンタルオフィスCUBEを見つけました。レンタルオフィスCUBEを選んだのは、交通の便が良かった点と価格が安かった点です。

参照元:レンタルオフィスCUBE公式HP(https://www.osakalc.co.jp/customer/voice6.html)

レンタルオフィスCUBEの料金プラン

※すべて月額料金

レンタルオフィスCUBEの基本情報

サーブコープ

サーブコープの特徴

サーブコープは、ヒルトンプラザウエストオフィスタワーにあるレンタルスペースです。場所が場所だけに高級感あふれるスペースで、全面ガラス張りのフロアからは大阪の街が一望できます。さらに、インターネット環境やオフィス家具の常備はもちろんのこと、秘書やサポートチームによってあらゆる側面からビジネスをサポートしてくれます。

効率的なビジネスができるような工夫もされており、スペース内のどの席からも利用できるプリンタ、電話の取り逃しがない最大6回線の電話回線、国内・国際・携帯宛どれにも対応可能な無料電話などを活用できます。

サーブコープの口コミ

さすがヒルトンというべきか、室内は洗練されておりきれいで高級感漂うスペースです。室内だけでなくスタッフさんの対応もしっかりしており、スタッフ教育・育成が行き届いていると感じました。まるで上場企業のオフィスのようなスペースで、ビジネスシーンにはピッタリのレンタルスペースです。

参照元:Workship(https://goworkship.com/space/428/review/)

ビジネス街の中心地にあるレンタルルペースで、おしゃれな雰囲気です。しかもアクセスも抜群で、駅から直結で徒歩5分以内で行けるのも大きな魅力です。JR大阪駅や阪神・阪急梅田駅からも地下通路経由で行けるので、雨の日でも濡れずに行くことができます。料金は同業他社に比べるとやはり高めですが、立地とサービスの質を考えると質を考えると当然の料金と言えるでしょう。

参照元:Workship(https://goworkship.com/space/428/review/)

サーブコープの料金プラン

サーブコープの基本情報

オフィスポート大阪

オフィスポート大阪の特徴

大阪市北区にあるレンタルスペース「オフィスポート大阪」。スムーズな対応で、契約した直後からすぐにビジネスを開始できるフットワークの軽さが魅力です。

スペースには、デスクやテーブル、棚などの必要なオフィス家具があらかじめセット済み。あとは最低限の資料などを持ち込めば、すぐにでも開業、支店開設が可能です。

また、現代のビジネスに欠かせないインターネット環境も完備されています。事前に相談しておけば、初日から利用可能となっています。

単身、もしくは少人数でのビジネスだと、雑用や電話応対などで手が取られることもあるでしょう。しかし、オフィスポート大阪ならフロントに秘書が3人常駐しているので、不意の電話対応や来客の応対などの代行が可能です。常駐のスタッフを改めて雇わなくても、業務に支障が出ないようにできます。

レンタルスペースの利用には、さまざまなタイミングや期限があります。オフィスポート大阪なら、オフィス家具や備品を購入しなくていいので、それぞれの都合に合わせて期限を切っての利用が可能です。さらに、会議スペースや応接スペースは共用が可能なので、最低限のスペースのみで利用をスタートし、必要に応じて規模を拡大していくと行った利用法が可能です。契約は最短で2ヶ月から可能なので、まずお試しでといった使い方もできます。費用を抑えたマーケットリサーチをしたい人にも適した環境と言えるでしょう。

オフィスポート大阪の口コミ

口コミは見つかりませんでした。

オフィスポート大阪の料金プラン

オフィスポート大阪の基本情報

関連ページ

開業・支店開設のレンタルオフィス紹介メディア EENON

レンタルオフィスとバーチャルオフィスの基礎知識
レンタルオフィスのセキュリティ対策はどのようなもの?
レンタルオフィスの利用方法「ドロップイン」とは
1人用レンタルオフィスのメリットとは?
レンタルオフィスは書斎としても使える?
レンタルオフィスとインキュベーションオフィスの違いとは?
レンタルオフィスは支社としての利用に向いている?
テレワークにはレンタルオフィスが便利?
ブースのレンタルオフィスを上手に活用するために
レンタルオフィス契約前に内見・見学をするべき?
レンタルオフィスを女性が利用するメリット
バーチャルオフィスの法人口座を開設するには
レンタルオフィスを使うときのマナーとは?
バーチャルオフィスは社会保険に加入できる?
レンタルオフィスの防音・騒音対策
レンタルオフィスとサービスオフィスの違いとは?
シェアオフィスとレンタルオフィスの違い
レンタルオフィスは自習に向いている?
コワーキングスペースとレンタルオフィスの違い
レンタルオフィスをセミナー活用するメリット
レンタル・バーチャルオフィスで創業融資は可能?
レンタルオフィスで審査に落ちる原因と対策
サテライトオフィスの活用方法とは?
レンタルオフィスで銀行口座開設は可能?
1日のみのレンタルオフィス利用は可能?
バーチャルオフィスは犯罪に利用される?
レンタルオフィスの利用を開始するまでの流れ
バーチャルオフィスの審査に通るためのポイント
何が違う?レンタルオフィスと通常の賃貸オフィス
オフィス運営の固定費を削減するには
バーチャルオフィスでの法人登記は違法?