初期費用を安く抑えたい人必見!
大阪で探すレンタルオフィス完全ガイド

1位 レンタルオフィスCUBE

最低価格:月額17,000円

大阪の一等地「梅田」で登記OK!住居表記・社内看板・電話代行込み!

空室をチェック

2位 サーブコープ

最低価格:月額21,000円

世界中に拠点アリ!バイリンガル秘書によるサポートが心強い

空室をチェック

3位 オフィスポート大阪

最低価格:月額85,000円~

1部屋8坪以上!24時間出入り自由なのも嬉しい。

空室をチェック

レンタルオフィスNavi【大阪版】 » レンタルオフィスとバーチャルオフィスの基礎知識 » レンタルオフィスで銀行口座開設は可能?

レンタルオフィスで銀行口座開設は可能?

このページでは、レンタルオフィスで銀行口座を開設できるかどうかについて説明しています。結論を述べておくと「高確率で開設できる」となります。バーチャルオフィスと異なり、レンタルオフィスは登録した住所に実体があるため、その分開設のハードルが低くなっているのです。ただ、年々巧妙化していく詐欺などの犯罪に対処するため、新規の口座開設の条件は以前より厳しくなっているのが実情があります。

銀行口座開設のためにしておきたい準備

ビジネス上の取引を個人口座の使用はおすすめできないため、企業用の口座開設が必要不可欠。ただし、厳しくなりつつある口座開設条件をクリアするために、きちんとした準備をしておくことが大切です。また、レンタルオフィスによっては、口座開設の際にサポートサービスなどを受けられる場合があるので、事前に確認しておくとよりスムーズでしょう。ここでは、特に重要な2つの「準備」についてみていきます。

準備その1.レンタルオフィスを利用する理由を明確にする

銀行側は、レンタルオフィスを使って企業する人が、どのような事業をするのかを具体的に把握しておきたいと考えます。そのため、資料をそろえた上で、事業内容をわかりやすく説明しつつ、レンタルオフィスを利用する妥当性もしっかりと伝えるようにつとめましょう。また、不信感を持たれないためにも、ホームページを充実させておくのがおすすめ。また、SNSに関しては、本名が必要となるフェイスブックを選ぶとよいでしょう。

準備その2. 銀行口座開設に必要な書類をそろえる

新規口座開設に必要なものは次のとおりです。

銀行によって口座開設の判断は異なる

上述の資料をすべて完璧に準備しても、新規口座の開設を認めてくれない銀行もあります。その場合、レンタルオフィスが一般的な賃貸オフィスなどと比較すると、信用度が低いことがネックになっている可能性があります。ただ、口座開設の条件は銀行によってさまざまです。ひとつの銀行で認めてもらえなかったとしても、別の銀行で口座開設を試みるのは、決して無駄ではありません。

関連ページ

開業・支店開設のレンタルオフィス紹介メディア EENON

レンタルオフィスとバーチャルオフィスの基礎知識
レンタル・バーチャルオフィスで創業融資は可能?
1人用レンタルオフィスのメリットとは?
レンタルオフィスで審査に落ちる原因と対策
レンタルオフィスの利用を開始するまでの流れ
レンタルオフィスの利用方法「ドロップイン」とは
シェアオフィスとレンタルオフィスの違い
何が違う?レンタルオフィスと通常の賃貸オフィス
ブースのレンタルオフィスを上手に活用するために
バーチャルオフィスは社会保険に加入できる?
レンタルオフィスは支社としての利用に向いている?
レンタルオフィスをセミナー活用するメリット
1日のみのレンタルオフィス利用は可能?
レンタルオフィスを女性が利用するメリット
レンタルオフィスは書斎としても使える?
バーチャルオフィスの法人口座を開設するには
レンタルオフィスとサービスオフィスの違いとは?
コワーキングスペースとレンタルオフィスの違い
レンタルオフィスとインキュベーションオフィスの違いとは?
レンタルオフィスを使うときのマナーとは?
レンタルオフィスのセキュリティ対策はどのようなもの?
サテライトオフィスの活用方法とは?
バーチャルオフィスの審査に通るためのポイント
テレワークにはレンタルオフィスが便利?
バーチャルオフィスでの法人登記は違法?
バーチャルオフィスは犯罪に利用される?
マンスリーオフィスとは?
オフィス運営の固定費を削減するには
レンタルオフィス契約前に内見・見学をするべき?
レンタルオフィスの防音・騒音対策
レンタルオフィスは自習に向いている?