初期費用を安く抑えたい人必見!大阪で探すレンタルオフィス完全ガイド

1位 レンタルオフィスCUBE

最低価格:月額19,500円

大阪の一等地「梅田」で登記OK!住居表記・社内看板・電話代行込み!

空室をチェック

2位 サーブコープ

最低価格:月額20,000円

世界中に拠点アリ!バイリンガル秘書によるサポートが心強い

空室をチェック

3位 オフィスポート大阪

最低価格:月額85,000円~

1部屋8坪以上!24時間出入り自由なのも嬉しい。

空室をチェック

大阪のレンタルオフィス人気ランキング » レンタルオフィスのサービス形態一覧【大阪版】 » バーチャルオフィス

バーチャルオフィス

大阪にあるバーチャルオフィスとは?その特徴とサービスについてまとめています。

バーチャルオフィスの特徴

バーチャルオフィスとは実際の事務所を所有しなくても、事業を進めていく上で必要な最低限のものがレンタルでき、すぐに事業をおこなうことができるサービスです。

必要最低限のものとは、会社住所、専用の電話番号、FAX番号などで、実際に事業所としてのスペースを利用するものではないので、架空のオフィスという意味でバーチャル(Virtual)オフィスと呼ばれています。

バーチャルオフィスの料金目安と付帯サービス

レンタルオフィスはその施設やグレードによって多少の上下はありますが、普通のオフィスを借りるのと比べると初期費用もランニングコストも最も安く抑えられるのがバーチャルオフィスです。

バーチャルオフィスの場合は、平均して月額15,000~30,000円の価格帯が多いようです。ほとんどの施設が初期費用(登録料)1ヶ月分程度の料金で利用可能で、なかには無料体験を実施しているところもあります。

バーチャルといってもシェアオフィスのような形態で必要時にはブースを借りられる施設もあります。

<提供されるサービス>
専用電話番号、FAX(共用または専用)、受付業務、電話対応、郵便物宅配物の保管転送、その他時間貸しで会議室や商談室の利用など

以上のサービスは基本料金に含まれているのか、別途使用料がかかるのかは施設によってさまざまです。事前のチェックを忘れずに行いたいものです。

バーチャルオフィス利用例

  • 主に電話代行サービスが必要な個人事業主
  • 主に外回り営業が多い個人事業主
  • 自宅では法人登記ができない個人事業主
  • 営業的に一等地の看板が必要な個人事業主
  • 自宅で仕事をしているが自宅住所を公開したくはない
  • HPに掲載する住所が必要
  • 地方で仕事をしているが都心の事業展開の拠点として
 
開業・支店開設なら…レンタルオフィスNavi【大阪版】