初期費用を安く抑えたい人必見!大阪で探すレンタルオフィス完全ガイド

1位 レンタルオフィスCUBE

最低価格:月額19,500円

大阪の一等地「梅田」で登記OK!住居表記・社内看板・電話代行込み!

空室をチェック

2位 サーブコープ

最低価格:月額20,000円

世界中に拠点アリ!バイリンガル秘書によるサポートが心強い

空室をチェック

3位 オフィスポート大阪

最低価格:月額85,000円~

1部屋8坪以上!24時間出入り自由なのも嬉しい。

空室をチェック

大阪のレンタルオフィス人気ランキング » レンタルオフィスのサービス形態一覧【大阪版】

レンタルオフィスのサービス形態一覧【大阪版】

レンタルオフィス、バーチャルオフィスといっても、電話代行や郵便受付をするだけのものや月1万円前後で共用ブースを貸すインターネットカフェに近いようなものから、月額数十万もするホテルのような高級個室オフィスまで、その形態は多種多様です。

 私たちユーザー側もたくさんの選択肢から選べる、嬉しい環境になってきました。ところが逆に、いざ借りる段階になって、たくさんのプランの中からどうやって選んだらよいのか、わかりにくいことも多々あるようです。

 そこで、レンタルオフィスにはどのような形態があるのか、借りる際にはどのようなポイントを押さえておけば良いのか、レンタルオフィス(バーチャルオフィス)のサービス形態とその特徴をまとめました。

ご自分のニーズに合わせて、レンタルオフィスを借りるときの参考にしてみてください。

レンタルオフィスの種類

バーチャルオフィス

実際のオフィスを所有することなく事業を行えるように、仕事をするうえで必要な機能を提供するサービス。

必要な機能とは、事務所を公開する(登記する)、住所や電話番号の貸し出し、郵便物の受け取りや電話代行などのサービスです。

起業時に経費をかなり低く抑えることができるので個人事業者にとってはとても有利かと思います。

実際のオフィスを借りる形態ではありません。(施設によってはデスクが付帯されるところも)

レンタルオフィス

一つのフロアを細かく間仕切り、その各々の個室を借り受けてオフィス機能を提供してもらえます。

インターネット、コピー機、会議室などを共同で利用できる場合も多く、普通のオフィスよりトータルコストが安く済みます。受付や秘書サービスまで提供してくれるところも増えています。

デスクや内装などの初期費用は自分で事務所を開設するほどはかかりませんが、バーチャルオフィスに比べれば割高感はあります。

シェアオフィス

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの中間的な存在。レンタルオフィスのようなプライベート空間こそありませんが、共用のワークスペース(ブース)があり、施設によっては共用の個室を利用できるところもあります。

 
開業・支店開設なら…レンタルオフィスNavi【大阪版】