初期費用を安く抑えたい人必見!
大阪で探すレンタルオフィス完全ガイド

1位 レンタルオフィスCUBE

最低価格:月額17,000円

大阪の一等地「梅田」で登記OK!住居表記・社内看板・電話代行込み!

空室をチェック

2位 サーブコープ

最低価格:月額21,000円

世界中に拠点アリ!バイリンガル秘書によるサポートが心強い

空室をチェック

3位 オフィスポート大阪

最低価格:月額85,000円~

1部屋8坪以上!24時間出入り自由なのも嬉しい。

空室をチェック

レンタルオフィスNavi【大阪版】 » レンタル・バーチャルオフィスを活用している業種 » ノマド起業におすすめのオフィスタイプ

ノマド起業におすすめのオフィスタイプ

ノマドワーカーとして起業するためにどんなオフィスを選べばよいのでしょうか。大きなオフィスが不要なノマド起業におすすめのオフィスタイプを3つ紹介します。

そもそもノマド起業にオフィスは必要?

パソコン一つでどこでも仕事ができるノマドワーカーは、オフィスとは無縁のように思えます。しかし場合によっては、ノマド起業をする際でも、オフィスが必要になることがあるのです。

法人登記するための住所として必要

個人事業主として起業するだけなら、自宅の住所だけで十分かもしれませんが、法人として起業する場合は、オフィスの必要性を感じるでしょう。というのも、法人登記する際に使用する住所は一般公開されます。そのため、住所として自宅の住所を使うことに抵抗を感じるかもしれません。場合によっては自宅住所での法人登記が、できないこともあります。

法人を作るための住所として、ノマド起業でもオフィスが必要になることがあるのです。

拠点の一つとして、あると便利

カフェなどを利用して働くことが多いノマドワーカーは、自宅の近くにいくつかのお気に入りの仕事場所を持っている人も多いかと思います。そのような「働く場所の一つ」として、専用のオフィスがあると、さらに活動しやすくなるでしょう。オフィスではWi-Fi環境が安定していて、会議室もあるなど、カフェとは違った利便性が得られるはずです。

ノマド起業におすすめのオフィスタイプ3つ

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスとは、実際の部屋を借りるのではなく、住所だけをレンタルできるサービスです。借りた住所は、法人登記するための住所として利用できることもあります。オフィスを必要としないノマド起業に相性の良いオフィスタイプです。

郵便物を受け取って保管してくれたり、自宅に転送してくれたりなどのサービスを、オプションで付けることもできます。

シェアオフィス

シェアオフィスは、複数用意されたデスクの一つだけをレンタルしたり、空いているデスクの一つを自由に利用できたりなど、共同スペースをレンタルするタイプです。「コワーキングスペース」とも呼ばれます。

一つの部屋を占有するプランよりも安く借りられるので、活動する場所の一つとして、ノマド起業にもおすすめできます。

無料ドリンク付きのオフィスもあり、定額制のカフェのような感覚で利用してもよいでしょう。シェアオフィスでも、プランによっては、法人登記できる場合があります。

レンタルオフィス

レンタルオフィスは、自分専用の一部屋をレンタルするタイプです。このタイプは基本的に、法人登記に対応しています。

賃貸オフィスとは違って、水道光熱費が利用料金に含まれていることが多く、机や椅子、インターネット環境など、オフィスとしての基本機能が最初から備わっているのが特徴です。

賃貸オフィスよりも費用を抑えることができ、一人用の小さな部屋から借りられるプランが多いので、ノマド起業にも適しています。