初期費用を安く抑えたい人必見!
大阪で探すレンタルオフィス完全ガイド

1位 レンタルオフィスCUBE

最低価格:月額17,000円

大阪の一等地「梅田」で登記OK!住居表記・社内看板・電話代行込み!

空室をチェック

2位 サーブコープ

最低価格:月額21,000円

世界中に拠点アリ!バイリンガル秘書によるサポートが心強い

空室をチェック

3位 オフィスポート大阪

最低価格:月額85,000円~

1部屋8坪以上!24時間出入り自由なのも嬉しい。

空室をチェック

レンタルオフィスNavi【大阪版】 » レンタル・バーチャルオフィスを活用している業種 » 建築士として開業するならレンタルオフィス

建築士として開業するならレンタルオフィス

建築士がレンタルオフィスを利用するケースが増えています。しかし建築士がレンタルオフィスを利用することにはどのようなメリットがあるのでしょうか?項目別にご紹介します。

建築士のオフィスは広さが必要ない

基本的に建築士の業務で模型製作をするときを除いて、大きなスペースは必要とされていません。そのため、設計をしたりクライアントと打ち合わせをしたりするのに広いスペースは必要としません。

大きなオフィスであれば、見栄えは良いもののコストがかかります。自宅兼オフィスにしたとしても、都心に構えるのには現実的ではありません。そのため、技術を持っており、クライアントとの打ち合わせが多い建築士が便利のよさからレンタルオフィスを活用するメリットが大きいのです。

また、レンタルオフィスを用意しておくと、打ち合わせ場所として活用したり、クライアントの場所に訪問するための立ち寄り場所として活用できます。郊外にメインオフィスを構えていたとしても、都心の作業場所として確保しておくケースもあります。ただし、模型を作成するときには、作業するスペースやできた模型を保管するスペースが必要ですので、別途用意する必要があるでしょう。

クライアントが訪問しやすい

別の点として、クライアントが訪問しやすいということもあります。都心にオフィスがあれば、公共インフラが整っているため、クライアントが移動に関するストレスを抑えて、打ち合わせに臨めるでしょう。また、都心の一等地にオフィスがあれば、ネームバリューもあります。クライアントから信頼を勝ち得るのに有効な方法でもあるのです。

賃貸オフィスよりもコストが安い

賃貸オフィスを持つならばそれなりの費用がかかります。賃貸の何もない状態から、賃貸オフィスの内装を改装し、オフィス用具を設置するには多額の費用が必要です。資金に余裕があるならば問題ありませんが、特に建築士が独立するタイミングでは、多額の費用を用意するのが難しいこともあるでしょう。

レンタルオフィスなら内装を改装する必要せずとも、整った内装ですので改装にかかる費用は不要ですし、事務用品も整っている場所もあります。コストの面から見ても、レンタルオフィスの活用はコスパが良いのです。

異業種との交流にもつながる

建築士が設計するには、デザイナーや設備・インフラなどの異業種との協力が求められます。その点、レンタルオフィスなら異業種の方も業務を行っているので、交流を深める機会があります。何気ない会話からアイデアが浮かんだり、紹介を通して仕事を獲得することにもつながるかもしれません。

また、建築士というアイデアが必要な業種だからこそ、異業種との交流ができるレンタルオフィスは自分磨きにも繋がるでしょう。

建築士専用のレンタルオフィスもある

レンタルオフィスは低コストで利便性がよいことから、建築家専用のレンタルオフィスもあります。独立して間もない方が拠点を作るのにも、気軽によれるオフィスを都心に構えるのにも有効な方法だといえるでしょう。