初期費用を安く抑えたい人必見!
大阪で探すレンタルオフィス完全ガイド

1位 レンタルオフィスCUBE

最低価格:月額17,000円

大阪の一等地「梅田」で登記OK!住居表記・社内看板・電話代行込み!

空室をチェック

2位 サーブコープ

最低価格:月額21,000円

世界中に拠点アリ!バイリンガル秘書によるサポートが心強い

空室をチェック

3位 オフィスポート大阪

最低価格:月額85,000円~

1部屋8坪以上!24時間出入り自由なのも嬉しい。

空室をチェック

レンタルオフィスNavi【大阪版】 » レンタル・バーチャルオフィスを活用している業種

レンタル・バーチャルオフィスを活用している業種

レンタルオフィスやバーチャルオフィスを活用している業種

レンタルオフィスやバーチャルオフィスをビジネスに利用している人は、どのような業種にたずさわっているのでしょうか。このページでは、レンタルオフィス・バーチャルの両オフィスについて、利用者の多い業種とその理由をそれぞれ説明しています。

レンタルオフィス

レンタルオフィスの利用者に多いのは、次にあげるような業種です。

他にも、人材派遣業・卸売業・製造業・販売業など多くの業種のニーズを満たしているレンタルオフィス。中でも、一番多くの割合をしめているのがサービス業です。その理由として、サービス業では、実際に顧客がオフィスを訪れ、商談などの打ち合わせに、オフィスや会議室を利用する機械が比較的多いことがあげられます。アクセス良好な場所に立派なオフィスを借りるのが経済的に難しい場合など、特に重宝されるでしょう。

信頼感を得やすい

サービス業などにおいて、商談を行うときは、快適な空間で、顧客に安心感を与えることが、ビジネス成功のカギといっても過言ではありません。顧客からの信頼感を得るためには、エントランスやロビーがしっかりとしたつくりになっていて、かつ、スタッフが常駐する受付が設けられているのが理想的です。さらに、電話代行にも対応しているオフィスであれば、大切な商談などが、電話のせいで中断される心配もありません。

ダイレクトに取引相手や顧客と接する機会が多いサービス業の場合、それらの要素を全て満たすレンタルオフィスを選択すると効果的でしょう。

セキュリティー面もチェック

士業のオフィスとして利用する場合、特に大切な要素がセキュリティーレベルです。個人情報を扱う業務なので、まず第一に完全個室である必要があります。壁と天井の間に全く隙間がないタイプのレンタルオフィスは少数派ですが、もちろんゼロではありません。また、警備会社のサービスを導入しているかどうかの確認も、同様に重要です。

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスの利用者に多いのは、次にあげるような業種です。

他にも、カウンセリング業やクリエイター業、ネットショップ関連、コンサルタント関連など、さまざまなビジネスにたずさわる人たちがバーチャルオフィスを利用しています。

自宅の住所を公開せずにすむ

オフィスや会議室など、物理的なスペースを必要とする機会がゼロであるならば、バーチャルオフィスは大変便利です。個人事業主として自宅をオフィスや職場として利用する場合、バーチャルオフィスがないと、例えばホームページ上などで、オフィス所在地として自宅の住所を公開せざるを得ません。そのことに抵抗感を感じる人は少なくないはずです。

また、自宅の住所を公開することに抵抗感がなくても、管理規約上、バーチャルオフィスを利用せざるをえないケースがあります。自宅が賃貸だと、事務所登録ができないという規則があるのです。

東京内支店があることのメリットが大きい

先述のような業種にたずさわる多くの個人事業主たちがバーチャルオフィスを利用していますが、法人の利用者もいます。法人の利用者は、「東京都内支店」としてバーチャルオフィスを使う場合もあるようです。

企業のイメージアップや信頼を得やすくするために、ある種のブランド価値がある東京の住所を得たい、という考え方です。そのため、ビルのデザインがスタイリッシュであったり、あるいはビルが新しくてキレイであるなどといった「外観」的要素、さらには主要駅から近いなど「アクセスの良さ」の要素も重要になってきます。