初期費用を安く抑えたい人必見!
大阪で探すレンタルオフィス完全ガイド

1位 レンタルオフィスCUBE

最低価格:月額17,000円

大阪の一等地「梅田」で登記OK!住居表記・社内看板・電話代行込み!

空室をチェック

2位 サーブコープ

最低価格:月額21,000円

世界中に拠点アリ!バイリンガル秘書によるサポートが心強い

空室をチェック

3位 オフィスポート大阪

最低価格:月額85,000円~

1部屋8坪以上!24時間出入り自由なのも嬉しい。

空室をチェック

レンタルオフィスNavi【大阪版】 » レンタルオフィスとバーチャルオフィスの基礎知識 » レンタルオフィスのセキュリティ対策はどのようなもの?

レンタルオフィスのセキュリティ対策はどのようなもの?

起業・独立する人の中で、レンタルオフィスを利用する人も増えています。駅などからアクセスしやすく業務に必要な用具類があることなど、多くのメリットがあるためだと考えられます。その一方で、複数の人が利用していることから、セキュリティ対策は行われているのかと疑問に思われる方も少なくないはずです。この記事では、レンタルオフィスで行われているセキュリティ対策を紹介します。

レンタルオフィスのセキュリティ対策は2種類

レンタルオフィスでは一般的なオフィスと同様に、物理的セキュリティ対策とネットワーク上のセキュリティ対策をしています。人の出入りに関する物理的なセキュリティ対策と、インターネットのアクセスに関するネットワーク上の対策です。

物理的セキュリティ対策

物理的セキュリティ対策を見ていきましょう。

対策1.防犯カメラ

レンタルオフィスの出入り口や部屋全体に設置されており、不審者がいないか記録しています。常に記録しているので、万が一のときには後から確認可能です。

対策2.受付

受付担当者がエントランスにいるので、外部からの来客対応をします。そのため、人の出入りをチェックしているので、不審者対策ともなっています。もし自分が席を外しているときに、来客があったときには対応してもらい、戻ったときに詳細を聞くことができるでしょう。

対策3.オートロック

利用者にはカードキーや指紋認証があるので、扉の開錠には鍵を利用します。部外者が侵入できないようになっています。

対策4.警備員

レンタルオフィスを契約している警備会社の警備員が防犯チェック。エントランスやフロアで巡回していたり、異常の際にはすぐに駆け付けます。不審者が侵入してきた場合でも、警備員に対応を依頼できるので安心です。

対策5.ロッカー

自分の私物を保管するためのロッカーがあります。貴重品を入れておくことができ、機密書類など、席を外す際に保管しておける対策がされています。

対策6.キャビネット

会社の書類や個人情報などを保管しておくためのキャビネットの設置。ロッカーには保管できない大きなサイズの資料も、キャビネットに保管することでセキュリティが向上します。

ネットワークセキュリティ対策

多くのレンタルオフィスは、Wi-fIを使ってインターネットを接続します。では、ネット環境にはどのようなセキュリティ対策がされているでしょうか?

対策1.SSIDと暗号化キー

無線LANに接続するときには、利用者ごとにSSIDと暗号化キーを用意。そのキーを利用している人のみがアクセスできる環境になっているので、部外者が同じ無線LANを利用することはありません。

利用者がLANを共有している場合でも、公衆無線LANとは異なりオフィスの利用者のみがアクセスしているので安全性は高め。もちろん悪意のある利用者がいる可能性は否定できませんので、ログイン情報などを入力するときにはSSL通信を利用しておきましょう。

対策2.ファイルとプリンターの共有ネットワーク

パソコンによってファイルとプリンターの共有がオンになっていることもあります。同じLANを利用している人が、ファイルの内容を参照できてしまうので、ファイルとプリンター共有の設定をオフにしておきましょう。

ファイルとプリンターの設定をオフにしておけば、他の人からファイルにアクセスされることはありませんので安心できます。

ネットワークセキュリティ対策として、SSIDや暗号化キーがあるオフィスであれば、ネットワークセキュリティ対策ができているオフィスと言えます。レンタルオフィスを利用することを検討しているなら、上記のポイントを考慮しておきましょう。

まとめ

レンタルオフィスで行われている2種類のセキュリティ対策について紹介しました。ですが、レンタルオフィスによってセキュリティの対策は異なるもの。今回紹介した対策方法を念頭に、自身の業務内容にあった適切なレンタルオフィスを選びを心掛けましょう。