初期費用を安く抑えたい人必見!大阪で探すレンタルオフィス完全ガイド

1位 レンタルオフィスCUBE

最低価格:月額19,500円

大阪の一等地「梅田」で登記OK!住居表記・社内看板・電話代行込み!

空室をチェック

2位 サーブコープ

最低価格:月額20,000円

世界中に拠点アリ!バイリンガル秘書によるサポートが心強い

空室をチェック

3位 オフィスポート大阪

最低価格:月額85,000円~

1部屋8坪以上!24時間出入り自由なのも嬉しい。

空室をチェック

大阪のレンタルオフィス人気ランキング » レンタルオフィスの賃貸借契約を知っておこう

レンタルオフィスの賃貸借契約を知っておこう

レンタルオフィスを利用するなら、賃貸借契約について知っておきたいものです。こちらではレンタルオフィスを利用する場合の契約についてご紹介します。

レンタルオフィスは賃貸借契約を行わない?

通常、不動産を借りるための契約をする際には、賃貸借契約を交わします。ところがレンタルオフィスの場合は一か月単位でオフィスをレンタルすることも多く、その場合には賃貸借契約が行われないこともあります。

そのレンタルオフィス業者によって異なりますが、利用権契約のみを取り交わすという場合も多いからです。

賃貸借契約とは?

賃貸借契約は通常のオフィスやアパートを借りる時に行う契約で、「借主は賃料を支払い、貸主は物を貸す」という関係を成り立たせるものです。 賃貸借契約を行うに当たっては様々な項目を決定する必要があり、契約期間や契約期間終了後の更新について、賃料、初期費用などの基本的な事項から、修繕や原状回復に関する取り決め、解約に関する規定など様々です。

民法による契約となるので、契約締結時はほとんどの場合、不動産業者が仲介することになるでしょう。項目は細かく設定されており、この契約書を交わすと借地借家法が適用されます。

賃貸借契約を交わさないことのメリットとは

それでは、レンタルオフィスを提供する業者が利用権契約を利用するメリットとは、一体どのようなものなのでしょうか。 賃貸借契約を行うと、前述したように借地借家法に当てはまる契約とみなされ、契約を交わすこと自体に時間がかかる、滞納時に立ち退きを迫る場合、2か月の滞納期間を待つことが必要、といったデメリットが業者側に発生します。

つまり業者側からすると、「簡単に契約を結ぶことができて、滞納時にはすぐに立ち退きを求められる」という状態を作りだすことが可能となる契約です。

賃貸借契約を結ばないことで低コストを実現している

オフィスを利用する側としては、賃貸借契約書があった方が良いという場合もあるでしょう。 ですが複雑な賃貸借契約を結ぶためには不動産に対する知識も必要となるので、不動産業者の手を借りなければならないという場面も出てくるものです。そうすれば仲介手数料が発生し、余分なコストが発生します。

一か月からレンタルできるオフィスの契約を結ぶためには、シンプルな形で無駄なものを省くことが低コスト化に繋がります。 初期費用が掛からない、月々の費用が安い、レンタル期間の融通が利く、といったレンタルオフィスのメリットは、賃貸借契約を交わさないからこそ実現できるものだと言えるでしょう。

 
開業・支店開設なら…レンタルオフィスNavi【大阪版】